• TOP
  • >
  • 地域トラベルサポーター養成講座で何が学べるの

地域トラベルサポーター養成講座は、何を学べるのか。

テキストは、要介護高齢者及び、障がいがある方等で旅行中に配慮(介助)が必要な方が、より安全で快適な旅をしていただくために、必要な身体等の介助を行なう人材を養成するために制作しています。また、観光や福祉関係の従事者で、これから新たに、障がいがある方の旅行に関わろうとされている方のために、最低限知っていただきたい「要介護高齢者や障がい者旅行に関する基礎的知識」をまとめています。「要介護高齢者や障がい者旅行に関する基礎的知識」は、旅行、まちづくり、福祉などの様々な分野と相互に関連があり、それらを関連づけて体系的に学ぶ必要があります。
このテキストを通して、効率的に知識とスキルを習得していただけると考えています。そして、ユニバーサルツーリズム発展のために、今後欠かせない「地域(着地型)トラベルサポーター」をひとりでも多く輩出し、(1)旅行中における要介護高齢者への必要な介助(身体介助を含みます)で、より安全で快適な旅を提供、(2)サービス利用者の旅行における経済的負担改善、(3)受入れ地域における新しい雇用の創出、(4)受入れ地域の介護事業所との連携(新規事業の創出)を推進していきたいと考えています。

○テキストの構成
 
*ユニバーサルツーリズムの基礎
第1章では、ユニバーサルツーリズムを学ぶ意義、その基本理念、そして、それまでの歴史的背景(年表)について述べてあります。
 
*ユニバーサルツーリズムの現状
第2章では、ユニバーサルツーリズムの受入側の実際について学びます。旅行は、様々な交通機関や宿泊施設、観光施設を利用します。それぞれの場面において建築・設備の「ハード面」と人的サービスや福祉・医療面における「ソフト面」の組み合わせとなります。私たちの旅行環境は、まだまだ完全なバリアフリー化は実現しておりませんが、現状を知ることはとても重要なことだと考えております。
 
*障がい別における旅行ニーズ&対応
第3章では、ユニバーサルツーリズムの主な対象となる人とそのニーズについて、様々な角度から説明していきます。ここで学んでいただくことは、対象となるお客様は、“様々”であること、それぞれのお客様が旅行に対して異なるニーズがあることです。また、お客様の理解を深めるために、生活的背景についても説明をしています。
 
*ユニバーサルツーリズムの社会的資源
第4章では、ユニバーサルツーリズムに関する法律的事柄や諸制度について学習します。実務面でバリアフリー観光に携わる場合でも、これらの法律や制度の現状を知らずに業務を進めるわけにはいきません。
 
2020年以降の障がい者及び要介護高齢者の旅行の中心は、個人旅行化が進み、旅行介助は『地域トラベルサポーター』が担うことが予想されます。地域トラベルサポーターのメリットは、『①旅行代金の負担が少なくてすむ』、『②観光地のバリアフリー旅行情報に詳しい』、『③ちょっとした介助に対応できる(入浴介助など)』などが挙げられます。認知症患者の外出支援等、活動の範囲は旅行業を超え、多岐に渡ります。
 
本テキストは、旅行会社だけでなく、観光施設、交通機関、宿泊機関などの観光産業に携わる人や高齢者福祉施設で働く福祉・介護に携わる人にも役立つように配慮して制作しています。
 
ユニバーサルツーリズムをより深く理解するためには、実際に、対象となるお客様(当事者)との接点を持つことが重要だと考えています。今後は、対象となるお客様とお話をしたり、車いす体験・高齢者体験をしたり、一緒に旅行に出かけたりすることによって、理解を深めるようにできるだけしてください。